若手現場監督の育成支援を通じて建設業の未来を切り開きます

壁の目的をはっきりさせないと、無駄なお金がかかる!

藤原 眞哉
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
藤原 眞哉
新人・若手現場監督育成支援 アーキラーニング合同会社 代表 現場監督として20年以上のキャリアを積む。 新人・若手の成長には早期の基礎教育が必要不可欠という信念のもと、 世界一わかりやすい基礎講座を目指している。

こんにちは!

新人・若手現場監督の教育・育成について
日々研究の藤原です。

今回は仕上のなかの
間仕切りです。

耐火間仕切り、遮音間仕切りなどに
関してです。

メーカー毎のいくつもの細かい仕様を
紹介する話ではなく、

壁の目的をはっきりさせないと、無駄なお金がかかる!
という話です。

設計図に明記されてたりしますよね。

〇〇の壁は遮音仕様

△△の壁は防火上主要な間仕切り

などなど。

法的な仕様であったり、建物の特性上の要求であったり、

制限度合いはいろいろです。

しかし設計図に書かれるまま
施工してしまうのは、ダメです。

なぜなら、
壁の目的をはっきりさせないと、無駄なお金がかかる!からです。
そのわけは、




やらなくてもよいことをやってしまうから!

過剰にやってしまったり、
やったつもりが無意味であったり、、、

なんのための壁か?
その要求を満たす仕様は?

これを中途半端な知識と、
確認する手間を惜しむことで、

無駄なお金がかかるんです。

くわしく述べていきます。

 

目的は耐火?遮音?

一般壁ではない、ある機能を要求された壁なんですが、

それは、耐火性能が必要なのか?
いや遮音性能が必要なのか?
はたまた両方必要なのか?

まずここをはっきりさせましょう。

耐火のみ必要なら、
グラスウール入れる必要もないし、

防火区画の壁と、
防火上主要な間仕切りは違いますしね。

細かい法的な話はおいといて、
わかりやすい違いは、

防火区画壁の建具は防火戸でなければいけませんが、

防火上主要な間仕切りの建具は、制限ありません。
極端な話、建具のない開口部もオッケーです。

遮音壁についても、
どことどこを遮音するのか?

居室と廊下なのか?
居室同士なのか?
そもそも、そこ遮音の必要ある?

その目的によって、もしかしたら設計図に
記載されていても、その通りしなくてよいかもしれません。

ちょっと、誤解を招くといけないので、補足です。

過去にあった現場なんですが、
増築工事だったんですね。

で、既存建物と増築建物の設計者が別の会社でした。
当然、増築の設計者は既存の設計図に準じて仕様も合わせます。

ところが壁の仕様ですが、
既存の壁は、打合せで設計図と仕様を変えていて、
竣工図にそれは反映されていなかったんです。

必要でない機能は割愛されていたので、
それを知らずにそのまま施工すると過剰な性能の壁に
なってしまうとこだった、、という話です。

ちょっと、ややこしいですが
その壁に求められる機能を、はっきりさせましょう
ということです。

 

要求をはたす仕様を正確に知ろう

なんとなく、こうだったかな?
このレベルで施工するなってことです。

ないと思いますが。

たとえば遮音。
グラスウールをボードの間にはさんでおけば
オッケー、、、

なんて思ってませんよね?

やるだけ無駄です。

たとえば一般壁
PB+LGS+PBの遮音性能はTLD=25に対して
PB+LGS+GW+PBの遮音性能はTLD=29です。

TLD値とは、透過損失の性能を表していて
100dbの音が壁を通過して40dbになれば
TLD=60ということです。

で、通常要求される遮音壁は
TLD=45とかTLD=50とか、それ以上です。

だからグラスウール入れたぐらいじゃ、
屁のつっぱりにもなりません。

遮音壁の一番のキモは、
ボードがLGSに接触してるか否かってことです。

片面接触にしないと遮音効果はでません。
ようするにスタッドを千鳥とか、です。

そのへんは、吉野やチヨダのサイトへ行けば
詳しく載ってます。

耐火間仕切りも耐火シールとか
仕様が細かく決まってます。

守らないと要求性能は満たされないし、
最悪、やり直しです。

これ大変です。

 

壁の目的をはっきりさせないと、無駄なお金がかかる

その間仕切り壁は何のため?

ほんとにその仕様いる?

その壁の仕様って正しくはこうだよね。

このようなことを、はっきりさせて
壁をつくらないと、

やらなくてもよいことをやってしまう!
それは無駄なお金ですよ。

そういう話でした。

今回も読んでいただき、
ありがとうございました。

アーキラーニングは、若手現場監督の育成支援を通じて
建設業の未来を切り開きます。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
藤原 眞哉
新人・若手現場監督育成支援 アーキラーニング合同会社 代表 現場監督として20年以上のキャリアを積む。 新人・若手の成長には早期の基礎教育が必要不可欠という信念のもと、 世界一わかりやすい基礎講座を目指している。

Copyright© 現場監督育成アーキラーニング , 2018 All Rights Reserved.