若手現場監督の育成支援を通じて建設業の未来を切り開きます

現場の図面管理を、若手に担当させるべき5つの理由!

藤原 眞哉
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
藤原 眞哉
新人・若手現場監督育成支援 アーキラーニング合同会社 代表 現場監督として20年以上のキャリアを積む。 新人・若手の成長には早期の基礎教育が必要不可欠という信念のもと、 世界一わかりやすい基礎講座を目指している。

図面管理の重要性

若手現場監督育成支援アーキラーニング
こんにちは!

新人・若手現場監督の教育・育成について
日々研究の藤原です。

 

前回の前振りの続きです。
仕事先から走って帰る・・・

たまたま近かったという幸運もあります。
歩けば20分、軽めに走って12分。

それだけだと物足りないので、家の近くの
ランニングコースを一周して、

計45分・・
これを家に帰ってから着替えてやるのは・・
強靭な意思が必要です。

続きは次回・・引っ張りすぎ?

 

はい!本文です 笑

今回は施工図テーマです。

あなたの会社、現場では、
施工図の管理をどのようにしてますか?

誰か専任がいますか?

いやー、誰となく気づいた人が
たまにやってます・・・

正直、そんな管理では、
品質低下は免れませんよ。

今回の提言です。

現場の図面管理を、若手に担当させるべき5つ理由!
です。

若手を図面管理者にすると、
以下の効果があるんです。

①情報が伝わる
②下の立場ゆえの責任感が芽生える
③トップの肩書が成長のキッカケになる
④ITに強くなる
⑤つながりが増える

それぞれ詳しく書いていきますね。

 

まず、図面管理者とは

今回取り上げる、
図面の担当者、つまり図面管理者とは、

現場における図面、つまり
設計図および施工図の、最新版管理を
担当するということです。

作図担当ではないし、
打合せ担当でもありません

各工事、図面担当者から、
日々更新される情報を整理して、

現場の図面を、常に最新版、最終版が
使える状態にしておくのが仕事です。

だから、他の監督や、業者さんは、
その若手担当者に、
新しい図面、修正した図面を常に忘れず提供する
ことになるわけですね。

 

それでは、前提を踏まえたうえで、
若手が図面管理担当者になるべき理由
書いていきます。

 

① 情報が伝わる

まず最初の、情報が伝わるということ。

現場は、監督の数が多くなるほど、
下っ端には情報が下りてきません。

多くは、すぐ上の先輩の指示を聞くだけ。

全体の概要とかは説明されず、
一部分の断片情報だけってことが多いです。

でも、
現場の図面を管理することになれば、
いやでも情報が集まってきます。

ひとつひとつの図面の内容を、
細かく理解できるわけじゃないんですが、

今 こんな施工図が提出されている。

この図面が完了した・・・などの、

ぼんやりとですが、大きな動きを
知っていくようになります。

図面更新情報をやり取りする中で、
ちょっとした一言が、意外と
若手にはふだん聞けないノウハウ情報だったり
します。

図面管理者になれば、図面情報はもちろん、
次第に、それ以外の情報も、
伝わるようになるんですね。

 

② 下の立場ゆえの責任感が芽生える

責任感というものは、
どの立場であっても必要なんですが、

それでも、メンバーが自分より下か、
それとも、全員自分より上の立場かで、

つまり、どういう立ち位置かで、
感じ方は変わってきます

自分が所長や、社長であって、
なにか凡ミスしたって、
「すまん、すまん、以後気をつけるわー」
で、済むでしょうが、

一番下っ端の若手が、ミスしたと自覚したら、
「うっわー、どーしよう・・・
 めちゃ怒られるかも・・」と、

へたしたら一晩悩むかもしれません。

自分は下の立場で、貢献できることが、
まだまだ少ない・・・
だからこそ、自分が担当者のこの仕事は、
しっかりやり遂げないと・・

という下の立場ゆえの
責任感が芽生えてくるわけです。

 

③ トップの肩書が成長のキッカケになる

さきほどの②と関連してるんですが、

責任者という、トップの肩書は、
成長のキッカケになります

もし、補助的な立場であったり、
お手伝い的なことしか担当してなかったら、

自分から強く働きがけをしなくても、
コトが済む場合が多いですよね。

でも、
仮にも担当者、責任者であるならば、

例えば、最新図面を提出し忘れてる、
先輩監督に催促したり、

図面提出を忘れている業者さんに、
指導したり・・・

自分が動いていかないと、
いろんなことが、停滞してしまう
状況がでてきます

最初は、やむなくであったとしても、
そういう行動を続けていけば

次第にトップの自覚も生まれ、
視野も大きくなるという具合に、
自然と成長のキッカケとなるんです。

 

④ ITに強くなる

若いから誰でもITに強い・・
というわけではありません。

スマホはいじるけど、
パソコンはそれほど・・・という人もいます。

でも、
図面管理者になれば、
いやでもデータを扱うし、

データの保管や、更新、
情報の伝達のため、メールや
社内LANなどのネットワークの構築など。

知らなければならないスキルを
強制的に学ぶことになります

もともと得意な人は、より高度なスキルを習得できるし、
苦手だった人は、標準スキルとして身につけられます

また、
それを苦手な人に教えることも
できるようになるわけですね。

 

⑤ つながりが増える

現場の一番下っ端だと、

へたすると、現場が終るまで、

設計者や業者担当者と関係を
持たないこともあります

関わるべき情報も持っていないし、
そもそも関わる必要性がないからです。

しかし、
図面を管理しているとなれば、

設計者、業者の担当者との関係性は、
大きく変わります

たとえ、内容に触れない、データのやり取り
だけであっても、

その若手監督が図面管理のトップなんです。
少しずつコトバを交わす機会も増えるでしょうし、

少しづつ図面の内容を理解していけば、
話す内容にも深みがでてきます。

一番のメリットは、
設計者、業者担当者に、存在を知ってもらえ、
つながりが築きやすくなることです。

設計者や業者さんも、若手の顔は見たことあっても、
必要性がなければ、挨拶程度しか接点がありません。

でも、図面という、
両者に必要性のある関係ができることで、
より深いつながりができるわけですね。

 

まとめ:現場の図面管理を、若手に担当させるべき5つの理由

現場での図面管理は、
ふつうは次席とか、

作図担当者が行いますよね。

でも、
ちょっと考えを改めてみてください。

図面管理を、若手に担当させるべき5つの理由
あるんです。

それは、
①情報が伝わる
②下の立場ゆえの責任感が芽生える
③トップの肩書が成長のキッカケになる
④ITに強くなる
⑤つながりが増える

の5つです。

なんとなくベテランが行っていた業務を、
若手にまかせることで、

責任感と成長力を養うことができるんです!

今回も読んでいただき、
ありがとうございました。

アーキラーニングは、
若手現場監督の育成支援を通じて、
建設業の未来を切り開きます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
藤原 眞哉
新人・若手現場監督育成支援 アーキラーニング合同会社 代表 現場監督として20年以上のキャリアを積む。 新人・若手の成長には早期の基礎教育が必要不可欠という信念のもと、 世界一わかりやすい基礎講座を目指している。

Copyright© 現場監督育成アーキラーニング , 2018 All Rights Reserved.